母乳育児を行うお母さんの、母乳不足改善方法

母乳育児を行っているお母さんで、「母乳が思うように出てくれない、赤ちゃんが満足するような量が出ない」
などの悩みを抱えているお母さんも多いと思います。
せっかく赤ちゃんの為に最適な、母乳育児を行っているのですから、諦めてミルクの併用やミルク育児に変えるのではなく、
これから説明する母乳不足改善の方法で改善してみて下さい。
母乳不足の原因には、お母さんの栄養不足や睡眠不足などによる体調不良なども関係があります。
また、体内で母乳が充分に作られているのに、乳菅が詰まっていて少ない量しか出ないという事もあります。
乳菅が詰まらないようにするには、乳首や乳房を軽くマッサージする事をこまめに行うと良いです。
忘れてはいけないのが、乳首の乳口に溜まる乳カスをこまめに取り除く事です。乳カスを放置していると、固まってなかなか取り除く事が出来なくなってしまうので、こまめに取り除くようにしましょう。 また、揚げ物や御菓子などの脂質の多い食べ物を控えて、和食や野菜中心とした食事を取る事で、詰まりにくい良質な母乳が作られる様になります。
母乳を作るのに良いとされる食品には、白米や食パンなどの炭水化物・エゴマ油や菜種油などの植物油・ワカメや昆布などの海藻類などがあります。
体を内側から温めるのも有効な手段とされています。
その為には、根菜系の野菜(大根・人参・白菜など)を採ると良いとされています。
また、食べ物だけでなく、飲み物にも良い物と悪い物とがあります。
コーヒーやお酒などは、母乳の量だけでなく、赤ちゃんの健康にも影響を及ぼす可能性があるので控えるようにしましょう。
ですが、ノンカフェインのたんぽぽコーヒーなどは赤ちゃんにも影響が出ず、母乳にも健康にも良いのでオススメです。
以上の事をしっかりと行う事で、母乳不足改善の役に立つでしょう。